利用するときの注意点

洗剤は自動投入になっている

銭湯やスーパー銭湯と呼ばれるお風呂に行くとき、持って行くものとして洗面器や石鹸、シャンプーがあります。お湯に浸かるだけでもいいでしょうが、やはり石鹸やシャンプーを使って洗いたいでしょう。何かを洗うときにはそのための洗剤を自分で用意するのが一般的です。そう思ってコインランドリーに自分の好みの洗剤を持って行く人がいるかもしれません。古いコインランドリーの洗濯機なら自分で洗剤を持参しないといけないところもありますが、今の定番は洗剤が自動投入になっています。つまり洗濯機の利用料金に込になっています。洗剤を持って行く必要はありません。逆に、この洗剤でないと洗いたくないほどのお気に入りの洗剤がある人は、利用できない可能性があります。

一度に洗濯できる量に制限がある

コインランドリーを使う人は様々です。一人暮らしの人なら、自宅に洗濯機を置かずコインランドリーでまとめて洗う方法を採るかもしれません。一方で自宅に洗濯機はあるが、大きな洗濯物などの時だけ利用する人もいます。たまに利用する人が注意しないといけない点として、一度に洗濯できる量の制限があります。自宅よりも大きな洗濯機を置いているところが多いので感覚がつかみにくいかもしれませんが、一応ラインが引かれています。そのラインより下になるぐらいしか洗濯物は入れられないようになっています。羽毛布団など元々大きめのものなどだと多少ラインを超えても洗えるものがありますが、小さいものをたくさん入れ過ぎて洗うのはやめましょう。

コインランドリーでできること

コインランドリーを利用する

一家に一台は洗濯機があるのが当たり前のようになった現代ですが、それでもコインランドリーはありがたい存在で私たちの生活を助けてくれます。洗濯機が壊れたときはもちろんのこと、家庭では洗えないものが洗えたり、雨が続いたときにも活躍してくれます。そんな便利なコインランドリーを利用するときに知っておくと役立つ点をお伝えします。

© Copyright Self-Service Laundry. All Rights Reserved.